FC2ブログ

<<うちめしさん  | ホーム | サーモマグ 発掘>>

パフクリーナー 

2012.03.22

とあるものを買い換えようと@コスメをチェックしてたら
ダイソー(100均)の パフクリーナーの評価が高かったので買ってみました。 ←脱線w

今までは、ある程度 汚れを感じてきたら買い換えてたんだけど
ファンデは オルビスのパフで1個200円くらいだし
でも、いつかはクリーナー買おうと思いながらのままだったので
エコライフに意識をチェンジしてみましたv

100円や200円のパフを洗うのにその値段以上のクリーナーを買うのは
ちょっと抵抗があったので、



↑クレンジングオイルでもみもみして洗ったりしたこともあったけど
なんとなく納得できてなかったのです。


さっそく、ダイソーのパフスポンジ洗浄洗剤を用意しまして

_2012-03-21 13.11.55


この、汚いパフにつけまして
パフもスポンジも乾いたまま、液(透明のジェル状でした)を乗せてモミモミするだけ

_2012-03-21 13.14.56
   まぢ、汚いw


水でよく洗い流しまして、乾かしますと

_2012-03-22 09.26.48

アラ、キレイ♪



なかなか、エエんじゃないの?

って、コトなのでこれでしばらく過ごしてみます。


ちなみに、ファンデじゃないパフの方はセリア(100均)のなんですが
パフパフするためじゃなくて、眉毛やライン描く時などに
頬に手が直接当たるのを防ぐ為のガードとして使用しています。

_2012-03-22 09.28.21

お店でプローッの方にやってもらう時、あのキレイなお姉さん方は
大きなパフを当ててますよね♪ 
あれが気持ちよくて好きだったので自分のメイクタイムにも取り込みましたw

自分でメイクしながらも、やってもらちゃってる気分を味わえる裏技です!
なんてねw


意外と気分がアガるので、ウソ~ンと思う方は 試してみてくださいね◎



あ、そうそう。
肝心な冒頭の『とあるもの』なんですが、これは『毛抜き』です。

あったものをずっと使ってたんだけど、噛み合わせが悪くなってきたので
新調しようと思ってるんだけど、何か良いのがないかなぁ~って思って




ちなみにデザイン性では群を抜いている ↑NOOKは、使い慣れるまでに
ちょっと時間がかかりそうな気がしているので 惹かれながらも決断できずにいます。


@コスメでは、ファンケルのツィザー(毛抜き)が評価高かったです。





何かオススメあれば アドバイスいただけると嬉しいです♪

関連記事
スポンサーサイト



タグ : 化粧小物

コメント

しん 

どっちもやったことあるw
結構キレイになるよね、『専用』って言葉に
踊らされてるだけなのかしら?

毛抜きね、たぶんサチも今使ってるの100均じゃないか?
買った記憶あまりないけど気付いたら何本かあるのね。
噛み合わせ大丈夫で抜けるならまだまだ使えるね☆

 

あたし、パフゎハンドソープで洗ってたよ!w
友達のお姉ちゃんゎ食器洗い洗剤で洗ってたw

毛抜き、、、意外と大事だよね。あたしゎ100均で買った毛抜きを数年愛用してる!
まだかみ合わせもずれてないし大活躍!確かCando-。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamaxay03dec.blog84.fc2.com/tb.php/993-4cdf1088

 | HOME | 

おうちCAFE計画
SAC original accessories
PROFILE

sachi

Author:sachi
WE ARE ALL ONE !

北海道在住のポジティブなテキトー主婦です。夫と6歳の娘との3人暮らし、熱しやすく冷めやすい性格、物欲にまみれた人間ですがスーパー主婦になるべく奮闘中です!

カツヤクチュウ◎












ARTICLE
ファイロ 愛用中 ◎
COMM THANKS!
絵本大好き!
ネット時代には必須!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
ストールハンガーいいね!
FAVORITE SHOP
BOOKMARK
FC2ブックマークに追加
SEARCH
キニナッテイルモノ∞



















CATEGORY
LINK
RSS FEED
BLOGランキング

人気ブログランキングへ
参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 インテリアブログ 狭い部屋インテリアへ

 にほんブログ村 子育てブログへ

FC2 BLOG RANKING

FC2Blog Ranking

こっそり内職♪
【ネットショップ向け/売れる商品写真の撮り方講座】