FC2ブログ

<<236万7000人が来場したらしい、第64回さっぽろ雪まつりへ行ってきたよ  | ホーム | アイコン変換アプリで模様替え的に遊んでるよ>>

カッコイイだけじゃなかった「質素なドイツ人のゆとりある生活」で知ったドイツ的ライフスタイルと考え方 

2013.02.12

ハネムーンでベルリンに行ってからというもの
すっかりドイツに魅了されている私ですが・・・


質素なドイツ人のゆとりある生活質素なドイツ人のゆとりある生活
(2002/02)
大槻 彰子

商品詳細を見る



11年前に出版されたこの本を、最近読んでみました。

もうね、ますますドイツが好きになった上に
今まで冗談半分で「移住すっかー」と夫とよく話していたけど 1-3年くらい?
本気で「ドイツで暮らすべきじゃないか?」とまで思ってしまいましたw

小、中学校と教師を務めてきた方が書いた本なので
ドイツに憧れを持つ方だけじゃなく子を持つ親
子供の育て方について考えてみたい方には
一読の価値はあると思いました◎


気になるところはたくさんあったけど、私が特に印象に残ったのは・・・

○ 世の中には、イニシアティブをとる人がいなければいけないが
  みんながエリートであっても困る。
 →”塾に行って知識は増やせたとしても細胞の中のDNAは変わらない”と考える

○ 働く人も皆、様々な服装をして、それぞれの個性を出している
 →きちんとやるべきことをやっていれば、それ以外のことには介入されないよう

○ 義務や法律を守るという点については厳しいが
  個人の領域には、誰も口を出さない
 →個人主義=人の裁量の範囲を他人が侵さない
  自分の意思をはっきりとさせるまでは、誰からも干渉されず待ってもらえる

○ 「ウアラウプ」という長期休暇をしっかりとる
 →長い伝統の中で自分自身をリフレッシュさせることの必要性を心得ている

○ 子供に早いうちから何かを学ばせたり、お稽古事をさせるということはしない
 →その代わり、しつけは早いうちからきちんとする
  するべき時にきちんとするしつけが後になって、大きなゆとりを生む



ドイツの学校教育は、日本とはかなり違っていて
4年制の小学校(グルントシューレ)を経て
わずか10歳でひとまずの進路を決めるらしいです。
と言うのが、次に進む学校を選ばなくてはならないからです。

ギムナジウム(高等学校)   9年制 →後に大学
レアールシューレ(実科学校) 6年制 中間管理職コース
ハウプトシューレ(基幹学校) 5年制 職人コース

そして、卒業後も職につきながら職業学校に通うらしく
皆何らかの形で18歳までは学校に通うことになっているらしい。

わずか10歳で決める進路は、親が担任と話し合って決めるため
それまでは親も担任も子供をしっかりと見つめる必要がある。
・・・と言うか見際めなければならない。
毎日の生活や遊び、学校生活の中から個性を見いだす。

進学後も進路変更はできるらしいけど、こういうシステムだと
親は絶対に子供の個性を尊重した生活になるだろうから
手を焼く必要もないだろうし、子供も自立するはず。
自立した子供もいずれ個々を尊重する大人になり、そのループ◎

この個人主義がドイツなんだな~と思いました。超魅力的!


初めて知るドイツ情報に感動しつつ、今の日本はどうだろう?
今の自分はどうだろう?と考えるきっかけにもなったし
憧れを抱いた部分が自分もそうなりたい部分かな?なんてことも
質素なドイツ人のゆとりある生活の中から見えてきた気がします。


興味のある方はぜひ、読んでみてくださいね◎
私は既に2度ほど読んだんですがw リマインドも込めてまた読みたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

タグ :

コメント

くみさん 

働きすぎって、本当思います!
ドイツでは「閉店法」ってあるらしいですよw

世界中の多くの人は家族のため、生活のために働いてるんだろうけど
日本では、その第一の目的を忘れている人が多いような気がします。
「忙しい」「仕事だから」って、家族との時間も持てずに体壊してまで・・・ 


なんかこの本を読んでいると。。。
日本人って「考えること」を教育されてないからかなぁ?って思いました。

もともと、学校では教科書を憶えさせる教育がメインだし
みんな同じ型にはめて、はみ出すとNG!って育てられるし
社会に出ても「正しいこと」よりも、会社のルールが絶対で
たいていの人は、言われる通りに仕事をやってればいい。

子供のうちから「思う」ことはあっても「考える」ことをしないで
育ってきてるから、考えることができる大人も少ない。
何も考えなくても、まわりに合わせていれば大丈夫って
周りの目気にして、それに合わせて生きて安心しているように思います。

考えることができる人がたくさんいたら
個々を主張して、それを尊重する社会なら
いろんなことがもっと違っていたような気が・・・。

自由なようで窮屈で寂しい国ですよね、、、
でもその中でのんきに暮らしてるから「平和ボケしてる」って
言われちゃうんでしょうけど。


日本の良いところも大切にして、いろんな国のいろんな文化を
知ることで、日本の常識が世界の常識ではないことに気づけるので
興味の幅や考え方も広げて、自分の考え方に合った生き方を
していける人になりたいな~って思いました!

本当、いろいろ見習うべきですね!

 

今の日本…。んー。ダメダメですよねw
ドイツって料理だけじゃなく学校教育や社会も素敵な国なんですね~!!
そういう国ならホント移住しても損はないかも知れませんね◎

あと、日本人って働きすぎらしいですょw
海外の人から見れば、なぜ日本人ってあんなに遅くまで働き、休日も働くのか?と疑問に思うらしいですw
確かに私が新婚旅行で行ったイタリアも残業なんて絶対しない国で、サービス業だろうが休日はしっかり休むって感じでした。
オンとオフをしっかり切り替えて、きっと家族との営みも大事にしてるんだなぁと思いました。
日本は海外のいいところ、たくさん見習うべきですよね~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamaxay03dec.blog84.fc2.com/tb.php/1265-41f256e8

 | HOME | 

おうちCAFE計画
SAC original accessories
PROFILE

sachi

Author:sachi
WE ARE ALL ONE !

北海道在住のポジティブなミドサー主婦です。夫と5歳の娘との3人暮らし、熱しやすく冷めやすい性格、物欲にまみれた人間ですがスーパー主婦になるべく奮闘中です!

カツヤクチュウ◎












ARTICLE
ファイロ 愛用中 ◎
COMM THANKS!
絵本大好き!
ネット時代には必須!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
ストールハンガーいいね!
FAVORITE SHOP
BOOKMARK
FC2ブックマークに追加
SEARCH
キニナッテイルモノ∞



















CATEGORY
LINK
RSS FEED
BLOGランキング

人気ブログランキングへ
参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 インテリアブログ 狭い部屋インテリアへ

 にほんブログ村 子育てブログへ

FC2 BLOG RANKING

FC2Blog Ranking

こっそり内職♪
【ネットショップ向け/売れる商品写真の撮り方講座】